うるし屋若女将の能登日記

2008年07月11日

続・福島 武山

                今日は朝から正面ウインドーの飾り替えです。

                毎回何を飾るかはお義母さんと相談しながら決めますが、

                今回は私からの提案で、先日当店にご来店頂いた

                福島武山先生の作品を展示することにしました。

            

                 福島 武山作       「赤絵鳥文飾皿」

              直径が47.5センチの大きな飾り皿なので、移動させるのも

              大変です。もし、手が滑って落っことしたらどうしよう〜なんて

              考えるともうどドキ☆ドキ☆です。゚(゚´Д`゚)゚。

            

              アップで写してみました。

              わかりますでしょうか?鳩の部分は白で抜いてあります。

              それと、写真右上の赤絵部分は全てフリーハンドで描いて

              ありますが、これが神の手を持つといわれる福島先生の0.1mm

              以下で描かれる細密赤絵ですd(ゝc_,・。)♪

              なになに?「よく見えない」って・・・(苦笑)

              スミマセン・・・カメラの技術がイマイチのreikoです(トホホホ・・・)

            

              どうにか無事に展示することができました(;゚∀゚)=3

              お近くにお住まいの方には是非ご覧頂きたいです。

              ただし、ウインドー鑑賞のご注意としてあまりにも近づきすぎて

              おでこをゴツン☆(b>д<)bしないようお気をつけ下さいね(笑)

                



                 (先生の作品についてのお問い合わせはこちらまで!)

                   

                             にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

                     
 上のバーナーをポチッとワンクリックしてね! 


               


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔