うるし屋若女将の能登日記

石川の伝統工芸輪島塗

2008年09月21日

漆アートウォーク

          

          
ひょんなことがきっかけでお友達となったyukaさんから

          いただいたお手紙は「漆アートウオーク」のお知らせ。

          彼女のご主人は漆をお勉強したいということで、ご夫婦

          そろってはるばる東京からこの能登に在住されています。

          そのご主人さま達のように全国からやって来た若者たちが

          集まり、作品の発表の場を作ったそうです。

          私も以前輪島の研修所を訪れた時に研修所で学んでいる方々

          の作品を見せていただいたことがありますが、若者ならではの

          視点で描かれた蒔絵や、若さゆえの感性で施された沈金などは

          心揺さぶられました。

          時間かあればぜひ見に行きたいです!

              
「未来の漆の担い手たち展」

       2008年9月21日(日)から29日(月)まで

           輪島市  うつわわいち

                ギャラリー蔦屋

                輪島工房長屋


  

            にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

           
  上のーナーをポチッとワンクリックしてね!



2008年09月17日

買っちゃいました!

               

            本屋さんで一際黒く光り輝く本に引き付けられ、

            思わず手にした一冊の本。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

            タイトルは『漆はジャパンである』です。

            おお〜!これは能登半島地震後北国新聞に連載

            されていたもの。表紙を見てすぐわかりました。

            我輩は漆です…と始まる内容は、能登が揺れた

            能登半島地震からルイ・ヴィトンとの出会いや

            輪島塗の兄弟として山中塗や金沢漆器なども

            面白おかしく書かれていて、なにより漆を扱う

            私にとってはとても勉強になり、欠かさず読んで

            いました。ヾ(@°▽°@)ノ

            それがこんなに立派な本になったとあっては…

            はい!買ってしまいました(笑)

            欲しい本が手もとにあると不思議とうれしく思う

            若女将reikoです♪(*^ ・^)ノ⌒☆☆

            にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

           
  上のーナーをポチッとワンクリックしてね!






           


2008年08月23日

嬉しいニュース!

                

                   今朝、新聞を読んでいると、ひときわ大きい見出しで

                  「奨励賞に水谷内さん(漆芸)」という文字が目に

                   飛び込んできました。なに?なに?と食い入る様に読んでみると

                   昨日、第五十五回日本伝統工芸展の審査結果が

                   発表され、その中であの私に沈金を教えて下さった

                 水谷内
先生が奨励賞を受賞されたという記事でした。

                   おお〜なんと、嬉しいニュースじゃ〜ありませんか〜

                   「おめでとうございます」*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○

                   パチ☆ パチ☆ パチ☆ヽ( ・∀・)ノ キャッキャッ

                   な〜んてブログでお祝いメッセージを送ったりして

                   すみません・・・・ (人´v`)

                   先生のコメントに「技術を高め、作品の深みを追求して

                   行きたい」とありました。

                   ホントに輪島塗は、コツコツと根気のいる仕事ですが、

                   その努力の積み重ねが花開いたといえますね☆よかったです!

                   これからもこの伝統工芸を担う若手作家の一人として

                   期待している若女将reikoですd(ゝc_,・。)♪

             


2008年08月06日

稲穂!

               

               八月に入り庭の蝉達が「これでもか〜」というような鳴き声で(笑)

               力強く鳴いている今日この頃、みなさまお元気でいらっしゃいますか?

               先日、お客様が「ウチの田んぼの稲を持ってきたぞ!」と言って

               稲の穂を持って来て下さいました。春に植えた稲がもうこんなに大きく

               なったんですね〜(≧∇≦)ノ 早速、水盤に入れて日当たりのいい所に

               置いたらすくすくと育っています。(。・ョ∀ョ・)ノ

               こうして稲穂をしげしげと眺めていると、とても力強く感じるとともに

               背筋がシャンと伸びますね。

               さて、今日も輪島塗の「沈金体験」のご予約を頂きました。

                            ヽ( ・∀・)ノ キャッキャッ 

               能登時間をゆったりと楽しんでいただけるよう若女将reiko、背筋を

               シャンと伸ばしてお出迎えしたいです。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・



                           にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

                    
  上のーナーをポチッとワンクリックしてね!







2008年08月01日

「置き目」の準備!

                            みなさん、こんにちは〜!

                    今日からいよいよ8月、いかがお過ごしでしょうか?

                    若女将reikoは相変わらず忙しいフリをししています。(苦笑)

                    というのも先日お知らせした「能登ふるさと博」の開幕とともに

                    能登人と過す「能登時間」でワタクシをとり上げて頂いた為、

                    輪島塗の沈金体験を希望されご来店いただくお客様が

                    増えています。 (ありがたい、ありがたい?(。?v?。)? )

                    しかしながら、その沈金体験をしていただく為には下準備が

                    沢山あります。その中の一つに「置き目」の準備というものが・・・

                   

                    置き目とは、沈金をする前にいきなりノミで彫るのではなく前もって

                    下絵を描くのですが、その下絵を板に写すことです。

                    このような作業はあの加賀友禅にも「糸目」というものがあります。

                    友禅は輪郭線に沿って糊を置いて彩色することで、糊が染料の

                    防波堤の役割を果たします。しかし、輪島塗の場合は図案の裏側

                    に面相筆の極細でもって水で溶いた色粉でなぞり、それをヘラで

                    こすり付けると図柄が写るという仕組みです。

                    早い話が写し絵ですね。(人´v`)

                    若女将reiko、毛筆の筆は時々取りますがこんな極細筆は無縁。

                    思わず、息を止めて一筆、一筆、と筆を進めていきます。   

                    時々、息をするのを忘れてしまい、呼吸困難に陥ることも・・・・・

                               Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

                    何事にも段取りや下準備と言うものは大切なことですね。

                    準備完了!でお待ちしていま〜す(≧∇≦)ノ

                       *デザインはオリジナルのものを描かれてもOKです

                    
            にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
                    
        上のーナーをポチッとワンクリックしてね!



2008年07月04日

今が旬!なもの

                 

                 温泉土産にと頂いた箱を開けると中は梅酒とお醤油のセットでした。

                 ボトルには「無可有」の文字が・・・

                 おお〜山代温泉の「べにや無可有さん」ですね。

                 最近話題のお宿のようですが、まだ未体験ゾーンです。(人´v`)

                 やはり実家がある「やましろ」といえば、なにかと敏感に反応をしてし

                 まうreikoですが、いつかは泊まってみたいお宿の一つです。(苦笑)

                 それにしても、梅酒とお醤油のセットとは面白いですね(≧∇≦)ノ

                 そうそう!!、今は梅が旬で自家製の梅酒を仕込んでいらっしゃる

                 方も多いはず。私も以前に梅酒を作ったことがありますが、なにしろ

                 旦那様は焼酎等、私も、お義母さんもアルコールにはめっきり弱い

                 のでせっかく仕込んだ梅酒も、もてあそんでしまいました。(;゚∀゚)=3

                 でも最近、炭酸で割って呑んでみたら意外とのめるじゃ〜ん☆

                 それから病みつきになり、お義母さんと2人で冷たく冷やして「乾杯〜」

                 てな具合です。

                 冷たく冷やすといえば、先日お客様が「片口」の器を探しにご来店。

                 お話しをお聞きすると中に氷を入れてワインクーラーの代わりに使いたい

                 とのことでした。

                 ふむふむ..なるほど〜テーブルの上にもその方のセンスが光りますよね。

                              


                 片口と一言でいっても色々あるわけですが、これは漆のなかでも最高級

                 の輪島塗の片口です。ワインのボトルがほどよく納まる大きさですよ♪

                 昔はよく宴の席などで活躍した器の一つですが最近では見かけなく

                 なりました。というより需要がなくなったのでしょうね。

                 でもこれをまたインテリアのアクセントなどに使いたいという方が

                 増えてきているのが面白い☆モノは使いようです*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○

                 盛って良し!眺めても良し!で、ぼってりとした塗が自慢の一品。

                 食卓のどこかにサプライズな楽しみを持ちたいというかたにはお勧め

                 ですよd(ゝc_,・。)♪   

                 

                  商品のお問い合わせはこちらまで

  





                             にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

                      上のバーナーをポチッとワンクリックしてね!
                    

2008年05月06日

ひとめぼれ!

            昨日の雨が嘘のように晴れた今日は七尾の町もお祭りの余韻を

            残しながらGWの最終日を迎えています。

            このGW中はアタフタと店の中を駆け巡っていた若女将reikoですが

            ジッとしていられず、スキを見つけて脱走(≧∇≦)ノ

            そこで出会ったモノにひとめぼれ。。。「若女将がひとめぼれ?」なんて

            言葉はチョット尋常ではありませんが・・・ふふふっ(*´艸`)

            

             カスリのエプロンドレスです。ひと目見てトリコになりました。(苦笑)

             一度家に帰りましたが、ど〜しても忘れられずにUタウン・・・・・・・・

             あははは〜よく言えばひとめぼれ、言い換えれば衝動買い?

             どちらにしても今はお気に入りの衣装のひとつです。

             「花嫁のれん展」の終盤戦はこのカスリを纏って乗り切りますね☆

            

             「ひとめぼれ」といえばこれも私の目を釘付けにした一つ☆

             卵の殻を破って顔を出しているのはなんとも可愛いひよこ。。。

             見ているだけでつい顔がほころんでしまいますね☆

            

             こちらはまたタコをかたどった香合で輪島の海人さんらしい

             発想ですね。

             タコの足が今にも動き出しそうなうねうね感が面白いです!

            

             きわめつけはこれです!ねこちゃんの視線の先にあるのは鼠です。

             この3点は今回、水谷内先生の作品とともに展示させていただいた

             輪島塗の蒔絵師作家 「鬼平 慶司さん」 の作品です。

             どれをとっても若手作家さんらしい発想の香合ですが、

             中にはこんな作品もあります。

            

              この作品をご覧になられたお客様が鬼平さんの年齢を聞かれて

              驚いていらっしゃいました。って何歳?と聞きたくなるのが人間の

              心理ですが、なんと1973年生まれということですから若女将reiko

              よりはるかに若い・・・(苦笑)

              丁寧な仕事と若い感覚での発想が頼もしく、これからの活動に

              注目していきたいお一人ですよねd(ゝc_,・。)♪

           

               作品に関するお問い合わせはこちらまでどうぞ〜!

            



                             にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ



                      上のバーナーをポチッとワンクリックしてね!

                      ブログランキング参加していま〜す







                         


2008年05月05日

大人気!

                    3日から始まった「青柏祭」も今日が最終日です。

                    朝から雲行きが怪しく心配していましたが午後から

                    とうとう雨模様となってしまいました。(残念)

              

                  この「青柏祭」併せて開催している沈金の先生を

                  お招きしての「沈金体験」も今日で最終日でしたが

                  大変な人気で、先生も大忙しでした。+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ

              

                金沢から遊びに来た女の子トリオと、こちらもまた金沢からの

                ご夫婦が体験されている風景です。

                皆さん思い思いに「立派な作品」にして仕上げられました。

              

                彼女はお箸に即興で考えたというお花の模様を入れました。

                まるで商品として店頭に並んでいてもおかしくないほどの

                仕上がりです。ヽ( ・∀・)ノ キャッキャッ ちょっとお写真はピンボケで

                ごめんなさいです。

                「想像以上に楽しめました!」との感想の通り、時間にして

                1時間?いや、2時間かも・・・(苦笑)それだけ皆さんのめり込んで

                いらっしゃいましたね!沈金体験の域を超えてもう入門しそうな

                勢いでしたよ。(爆笑)

               

                 で、こちらはですね、結婚1年目と言うご夫婦の作品です。

                 若女将reikoもまっ青!!!(;??д??) ェェッ!!

                 ちょっとお二人さん、「もしかしてプロ?」と疑いたくなるような

                 仕上がりだとおもいませんか?素晴らしい〜!

                 「結婚1周年のいい記念になりました。」とおっしゃる二人。

                 「このお皿に乗せる美味しいお菓子も買って帰ります。」

                 とのことでした。♡(。♥v♥。)♡ ラブラブですね〜〜ウフッ☆

           

           

             そして、新潟から遊びにきたとおっしゃる3人組み・・・いやプラス一匹。(失礼)

             いつもカバンの中に入れて何処に行くのも一緒なんですって!かわいい〜。

             車で4時間かけて遊びにいらっしゃいました。「青柏祭」のでか山を初めて目にした

             彼女達はやや興奮気味で「沈金体験」はしたいし、「でか山」も見たいし・・・

             で沈金を彫りながら、でか山がお店の前を通る時はお店の前までダッシュ!!!

             若いなぁ〜(ョ艸)ブゥゥー 皆さんマイ箸にして持ち歩くとのことでした。

               

               沈金体験を終えた彼女達は今度はしっかりとでか山の綱に捕まり

               「ワッショイ!」「ワッショイ!」とこの雨の中でか山を引っぱっていました。

               この3日間の「沈金体験」は水谷内先生には大変お世話になり、

               若女将reiko心より感謝しております。奥の深い輪島塗の世界、まだまだ

               知らないことだらけですが、新しい発見も多々ありました。

               また来年も是非企画していきたいと思います。

               これからも引き続き「沈金体験」は私、若女将reikoがど〜んと引き受け

               ますので、お申し付けくださいねd(ゝc_,・。)♪

                          

                                おまけ

                        こんなかわいいジカ足袋を履いて・・・

                        私も欲しい〜+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ ?♪







                             にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ



                      上のバーナーをポチッとワンクリックしてね!

                      ブログランキング参加していま〜す







                         


2008年05月03日

マイ箸完成!

             本日より黄金のGW後半戦が始まる中、漆陶舗あらき2Fの

            「うるおいぎゃらりー」
に於いて輪島塗りの沈金作家、

             水谷内 修先生に来店いただき沈金の体験教室を開いています。

             

            東京からこの「花嫁のれん展」「青柏祭」に併せて来尾された

            ご夫婦、旦那様はマイ箸にご自分で読まれた歌を、

            奥様はパネル板に蝶の図柄をそれぞれ体験されました。

            

                出来上がった作品を手にすると皆さんとてもいい笑顔で、

                この旅の思い出づくりのお手伝いがチョッピリ出来たようで

                若女将reikoも嬉しいです。

            

                折角ですので先生の作品をご紹介させていただきます。

                こちらは、沈金漆盆「十三夜」です。

                まるでかぐや姫がこの月にいて、やさしい輝きを放って

                いるかようですね。全てが点彫りで月の立体感も美しく

                表現されています。

            

                こちらは、沈金箱「静閑」で若女将reikoの大好きな花、

                蓮の花の図柄です。何故か私はこの花が大好きです。

                珍しいでしょ・・・(苦笑)

                花だけが水面に浮かぶ姿が好きなんです。

             

                次は、沈金八角箱「麗雅」です。

                キリシマツツジのあの燃えるような艶やかな赤を表現してあります。

            

                最後は、沈金色紙箱「春陽」です。能登の海でしょうか?

                奥にそびえる雪山が穏かな春の海に揺られているようですね。

                沈金体験教室は5月5日まで開催しています。




                             にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ



                      上のバーナーをポチッとワンクリックしてね!

                      ブログランキング参加していま〜す







                         


2008年04月12日

今日のお味噌汁!

             「あおさ」というものご存知ですか?「あおさのり」とも言いますが

             波の静かな湾口や河口付近で採れるそうです。能登は中島の

             海岸で採れた「あおさ」を頂きました。

           

             天然ものですよ〜!今朝は早速豆腐のお味噌汁に入れて

             頂きました☆色もこの通り鮮やかなグリーンですが、香りがまた

             たまりませんね〜磯の香りが食欲をそそります(。・艸-。)-☆

             (食欲はいつもあるreikoですが・・・・)

             皆様にお届けできないのが残念です〜〜〜〜。

           

             炊きたてのご飯に煮干でだしをひいて作ったお味噌汁、そして

             ささやかなおかず。贅沢な食材がなくても丁寧に作った朝食は

             一日の大切なエネルギー源ですよね☆

             お気に入りの器を見つけてちゃんと、ちゃんと朝ごはんを食べて

             みませんか?d(ゝc_,・。)♪

           

              ついでに輪島塗のお椀なんぞPRさせて頂きま〜す(苦笑)



                輪島塗 お椀水引松沈金  ¥7,350−(税込)

                内黒、外赤のお椀に結び水引に松葉の文様を沈金

                という(ノミで文様を掘り込んだ上に金をのせる)技法で

                加飾を施してあります。しっとりつややかな漆のよさを

                是非味わっていただきたいです。

                色違いで黒のお椀もご用意できますので夫婦椀にもなります。

                ご結婚のお祝いに輪島塗の夫婦椀などにもいかがでしょうか?

                (箸、箸置きは別売りとなります)


             



                             にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ



                      上のバーナーをポチッとワンクリックしてね!

                      ブログランキング参加していま〜す