うるし屋若女将の能登日記

毎日使う和陶器

2009年06月21日

大ブーム中のTKG

       

       突然ですが、「TKG」をご存知でしょうか?

       Tは卵、Kはかける、Gはご飯の頭文字を取ってのTKGで、いまや日本中で

       大ブームとなっているザ・卵かけご飯のことです。作るのが簡単でかつ、

       食べて美味しいと言うのがこの卵かけごはんですが、その卵かけごはん

       にもおきてなんぞもあるそうですぞ〜(゜o゜)

       また、最近では卵かけごはんの究極の簡単レシピ本や、卵かけごはん専用の

       醤油など卵かけご飯関連の商品も数多くありますね。実は若女将reikoの

       お店にもありまして・・・(苦笑)で、それがこのお写真の「卵飯椀」という

       お茶碗です。「卵かけごはん」のことを考えて作られた卵かけ専用です。

       朝は何といっても炊きたてのご飯。熱くないよう少し厚めのお茶碗で、

       ご飯を混ぜてもこぼれにくいように丸ではなくて四角い形。

       なおかつ、通常の飯碗よりちょっと大きめ、小丼よりちょっぴり小さめの

       「卵かけごはん」にはジャストサイズです。

       
あつあつのご飯に卵を割って、しょうゆをたらすだけの簡単に栄養が

       
とれて美味しい朝メニュー
してみませんか?

       と、言うことで今日はご飯茶碗のご紹介でした。\(^o^)/


    
    


                    にほんブログ村 ライフスタイ??ブログ 和の暮らしへ

             上のバナーをポチッとワンクリックしてね!

          




2008年06月26日

ベンチ?それともパイプぽい?

              さすがに今日は梅雨らしい一日。朝からどんよりと曇り空ですね。。。

              こんな日は、気分転換に「お店のディスプレイを飾り替えるのが一番!」

              と思い朝から商品を両脇に抱え、店内を行ったり、来たり。(;゚∀゚)=3

              こんな季節だからこそ「清涼感を出したい!」まずは思いを膨らませ

              るのですが、終始がつかなくなってきます。(苦笑)

              でも今日はこれだけは絶対に飾りたいと思っていた商品はこれ!

             

              先日、名古屋の展示会で仕入れて来た商品です。d(ゝc_,・。)♪

              「世界一長いベンチ」ではありませんよ!(≧∇≦)ノ

              商品名も「白ハケ長パイプ皿」  (¥10,500 税込)

              といって、まるでパイプを縦半分に割ったようなお皿です!

              ざらざらとした土感に白い刷毛目がおしゃれでしょ。

              ワタクシ、若女将reikoが選びました*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,

             

              どうかこうにか収まったのがこれです。少しは涼しげな雰囲気が

              出ましたでしょうか?


             

              





                             にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

                      上のバーナーをポチッとワンクリックしてね!


2007年09月01日

器のこといろいろ

               こんばんは〜!

               いつも私、reikoのブログへ遊びに来て下さり有難うございます。

               「reikoさんのブログ、思わず笑っちゃいますぅ〜」とか

               「あらきさんの新しい一面を発見しました〜」など心温まるお言葉を

               沢山頂だいし、私reikoはとても励みになっております。

               チョッピリ恥ずかしい記事もありますが、(人´v`)

               これからもチョットこっけいなreikoのブログをどうぞ宜しく

               お願いします。(*- -)(*_ _)ペコリ

                    



               前置きはそれくらいにして・・・

               さて、今日は器についてお話をしようと思います。

               器にはそれぞれ独特の名称があります。

               

               その器の持つ特徴や印象からつけられた名前や、

               陶技・焼成法・種類・形等からつけられたものもあります。

               器の名称を正しく読んで名称からその器の種類や形状を

               思い浮かべることができたら、もう相当な通(ツウ)と言ってもいです。

               いますよねぇ〜「あっ!これ○○焼でしょ〜」とか

               「この片口ステキね〜」と、即言い当てる人!

               私なんかはまだまだ勉強不足で申し訳ございませんです。

               まあ、ボチボチですが私なりに勉強させていただいております。

               

               日本の食卓には世界でも珍しいくらい多種多様の味覚や彩り

               季節の「旬のもの」といった食材が共存しています。

               その食材をいかに引き立てるかが器の、そして作り手の腕の

               見せ所といえるでしょう。d(ゝc_,・。)♪

               器ひとつで今夜のお料理もキラリと光りますよ*:..。o○☆゚・:,。*



にほんブログ村 地域生活ブログ 石川情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
上のバーナーをワンクリックしてね!
ブログランキング参加ご協力お願い


2007年06月11日

岩崎晴彦の飯碗

 皆さんこんにちは!

今日は、陶芸家岩崎晴彦さんの器たちをご紹介をします。

飯椀は毎日使うからこそ吟味したい物のひとつですね。



ごつごつとした素朴な風合いとシンプルなスタイルを併せ持つ。

魚を自由に泳がせた絵柄に遊び心がみえます。 

こちらは湯呑です。

ズッツりとした湯のみですが魚の繊細さも見えます。

最後は楕円鉢(長型)魚紋です





岩崎晴彦

石川県生まれ

1991〜94年金沢卯辰山工房にて研修

97年石川県内灘町にて工房を設立

93年朝日現代クラフト展入選

2001年高岡クラフト展入選

石川県デザイン展

石川県クラフトデザイン協会会長賞など受賞

作品は、全国各地で出展している






2007年05月11日

心癒すプレゼントを母の日に〜

おはようございます

毎日、日替わりで変わるお天気に振り回されそうになりますがGWのお疲れなど

出ている方はいらっしゃいませんか?

私ども一本杉町通りで開催されている花嫁のれん展もいよいよ終盤に

近付いてまいりました。

お蔭様で平日にもかかわらず花嫁のれん展に沢山のお客様が来て下さっています。

5月13日(日)までですので是非いらして下さい。

5月13日と言えば、母の日・・・

一年に一度、お母さんに感謝していますか?

母の日と言えばカーネーションのお花がメインですが

お花に添えて、毎日忙しくしているお母さんに癒し系を

プレゼントしてはいかがでしょうか?


hahanohi2hahanohi3







陶の灯りです。

陶製の灯りからもれる柔らかく温かな光。

見ているだけで心まで優しく癒してくれます。

左・積み木スタンド      右・子守唄スタンド
  ¥8,400(税込)        ¥5,250(税込)
  26僉14僉          18.5僉7





hahanohi4hahanohi6







香りの器です。

ほのかな香りで気分をリフレッシュ!

左・染付魚紋インセンス    右・キュービッツク石茶香炉
  ¥6,300(税込)       ¥7,350(税込)
   9.5僉9.5僉6僉     7cm×7cm×10
  ポプリケースにも使えます




hahanohiお花の好きなお母さんには一輪挿しなども・・

信楽焼の手づくりの一輪挿しです。
  
土のぬくもりがあたたかです。

粉引土瓶型花生
  ¥5,250(税込)
                  10僉10僉15cm


reikoのお勧めのあれこれでした☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
ポチッとワンクリックご協力お願い!
ブログランキング参加してます。

2007年05月09日

お茶のこと、いろいろ・・・

昨日、今日と、とてもいいお天気が続き新緑がまぶしい季節となりました。

気温も7月上旬並みとなり、一本杉町の花嫁のれん展を訪れたお客様の

足取りも軽やかです。店先にお隣さんのootasanから頂いたこでまり沢山*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

kodemari有難うございます。

新緑の季節と言えば、新茶!

今日はお茶のお話を少ししてみたいと思います。

お茶が発祥したのは中国南西部の

雲南省あたりの山地といわれています。

中国で始まったお茶の歴史、紀元前2700年頃の書物には

『茶を飲めば力が出て気分がよくなる』と記述されています。

先日求めた八宝茶です。
kiyusu14中国では八とはいっぱいという意味があり、

いっぱいの宝と意味するお茶。

飲んでみるとなにやら懐かしい味・・・

昔、おばあちゃんに飲まされたゲンノウショウコウとやらの味

と良く似ています(●´ω`●)(説明になってませんねぇ〜)

ここでど〜んと急須のいろいろアッツプしま〜す。


kiyusu13kiyusu







kiyusu2kiyusu3








今度は、日本茶のお話しに戻りますが、

お茶は平安時代の初期には、すでに

留学層によって日本に持ち帰られ、

薬として珍重されていました。


kiyusu4kiyusu5







お茶を広めたのは鎌倉時代に宋にわたり、

帰国後日本臨済宗の開祖として活躍した

栄西禅師です。

お茶の種子をまいて自ら栽培し

抹茶のルーツとなる製茶方法や

お茶のたて方を伝授した人物です。



kiyusu6kiyusu7







『茶は養生の仙薬なり、延齢の妙術なり』と

栄西禅師が言ったようにお茶を飲んで

ホッとすると長生きするのかな・・・・


kiyusu9kiyusu12







kiyusu10kiyusu11








中国で始まったお茶の歴史お勉強のなりましたか?

もうすぐ新茶が出回る頃、

新しい急須で新茶を

楽しんでみてはいかがですか☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
ポチッとワンクリックご協力お願い!
ブログランキング参加してます。




2007年03月01日

お勧めスポット!

kano4 今日はお勧めスポットとして
                  
粋な和食処を紹介させて頂きます。
        
一本杉町より徒歩5分
                         
昔は遊廓街であっつた常盤町に

                     『叶』という料理屋サンがあります。                          kano3

赤い暖簾をくぐって『こんにちは』と声をかけると

奥から『は〜い』と、女将さんのひときわ元気な

返事が返ってきます。

お店をみわたすと

                      どことなく昔のなごりを残した雰囲気・・・ステキ
kano2
七尾にもこんなステキなお店が有るんですよ

天上に貼られた沢山の御札、

何だかとっても粋です。


kazno
当店でお買い求め頂いた花器に

お花を生けてお客様をお迎えして下さいます。

このお店で包丁を握るのはなんと

女将サンの2人のお嬢サン!

若い女性の感覚で美味しい能登の幸を                                                     

プロデュースしてくれます。

予約要です
 叶料理店
七尾市常盤町21
0120−52−0159
 不定休
女性の方におすすめ!

                   

2007年02月28日

ごろごろ、ごろごろ・・・

kaki
一年に2回、春と秋に

ドーンと花器が入荷します。

大きいものから小さいものまで

ごろごろ、ごろごろ・・・

花器は信楽が多いですが、

ほとんどが一点モノです。

そんな中に愉快な仲間達が

ひょっこり顔をだします

kaki2カメの親子です。

かわいいでしょ

下の写真は犬をデザインした蚊やり・・

蚊やりとは、蚊取り線香を焚くもの・・

                   紹介したいモノが沢山ありすぎて困りますが

                   また少しずつですがお知らせします。
仲間                                   

2007年02月24日

お気に入りを贈る

気に入ったものだから『誰かにあげたい・・・』

この発想ってけっこう人を感動させるようです。

きっと贈るという気持ちの原点なんでしょうね。      

美味しいものが手に入ったらほんの少しおすそ分けしたい・・

これもとても素直な気持ち。

oobati2高井 宣泰作 赤絵高台鉢
径21.5儿12
¥10,500(税込)
ちょっと大きめの赤絵の鉢が
テーブルにあるだけで
食卓が引き立ちます




お気に入りの盛鉢だったり使い勝手のいいお鍋であったり

その品は色々・・・

こんな気持ちを上手に贈ることができたら

人生もきっと愉しく過せそう